プラネタリウム

プラネタリウムTOP

プラネタリウムの定員

  • 30名

新型コロナウイルス感染症対策として定員を変更しております。

プラネタリウムのお休み

  • 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は営業します)
  • 年末年始(12月28日~1月4日)
  • 臨時休業(4月21日・22日/5月12日/7月14日・15日/9月15日/10月13日/11月10日・17日/12月8日・9日/1月12日・13日/2月16日~18日/3月16日)

団体予約状況

団体予約についてはこちら

※クリックするとPDF表示できます。

投影スケジュール

プラネタリウムイベント案内はこちら

※クリックするとPDF表示できます。

投影番組

ラビくんのうちゅうりょこう

ゼロ歳児からご覧いただけます。宇宙にはどきどきわくわくする場所がいっぱい!ラビくんたちと一緒に、バスに乗って楽しい宇宙旅行へ出かけましょう!

©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

それいけ!アンパンマン
~ちびおおかみと月のふしぎ~

今夜は、学校で星空ピクニック!
満月をみるとオオカミおばけに変身してしまうちびおおかみくんも、
満月でなければ夜空を見上げることができるため、みみせんせいに誘われてやってきました。
でも、どうして今夜は満月じゃないとわかったのでしょうか?
みんなはみみせんせいから「月のふしぎ」について教えてもらうことにしました。
しかし、ばいきんまんがちびおおかみくんにいたずらをしたせいで、大変なことに…!

©さくらプロダクション/日本アニメーション
©さくらプロダクション/日本アニメーション
プラネタリウム ちびまる子ちゃん
 それでも地球はまわっている

「地球は回っている?それに気づいたのはだれ?」ふと疑問に感じたまる子。昔の人は太陽も星も地球を中心に動くと信じていたけど、コペルニクスやガリレオといった人たちが本当は地球の方が太陽のまわりを回っていると発見したらしい。もっと地球や宇宙の事を知りたいと思ったまる子たちは科学館へ遊びにいくことに。そこで目にした古代の人たちが考えた不思議な宇宙のすがたとは…!?

©コニカミノルタプラネタリウム株式会社
©コニカミノルタプラネタリウム株式会社
はやぶさ2 太陽系の起源を探る大いなる冒険

はやぶさ2に託された科学プロジェクトの数々のミッションを「はやぶさのCG第1人者」池下章宏氏が描き下ろすCGアニメーションで再現、プロジェクトチームのミッションマネージャーでもあるJAXA・ISAS吉川真准教授が探査の意義やスタッフの苦労などわかりやすく解説します。

©KAGAYAスタジオ
©KAGAYAスタジオ
富士の星暦

世界遺産となった日本人の心のふるさと富士山。
四季の星空と富士山の姿がドームいっぱいに広がります。
高精細映像で見るダイヤモンド富士、パール富士、迫力の空撮映像、そして山頂からの眺望など。
3年間にわたって撮り続けた富士の絶景を姫神の音楽と共にお楽しみください。

すべてのプログラムにおいて、解説員による生解説がつきます。

各回の投影時間は約40~50分です。(番組により異なります)

平日の団体枠は団体予約のお客さまのみご覧いただけます。
団体予約の入っていない投影枠は、一般の方向け投影を行います。

スケジュールや番組は変更する場合があります。

開場は各回開始時刻の5分前からです。

観覧料

観覧料 個人 団体
(20名以上)
ご利用詳細
1番組観覧券 大人 510円 400円
1番組観覧券 小人
(4歳~中学生)
250円 200円
デュオチケット
(2番組観覧券)
大人 810円 600円 1名さまで2回観覧する場合
(当日のみ有効)
デュオチケット
(2番組観覧券)
小人
(4歳~中学生)
400円 300円 1名さまで2回観覧する場合
(当日のみ有効)
トリプルチケット
(3番組観覧券)
大人 1,220円 900円 1名さまで3回観覧する場合
(当日のみ有効)
トリプルチケット
(3番組観覧券)
小人
(4歳~中学生)
600円 450円 1名さまで3回観覧する場合
(当日のみ有効)

3歳以下無料。

障害者手帳、療育手帳をお持ちの方とその介助者1名さまは手帳(コピー可)持参で無料。

堺市内65歳以上の方は、証明書(コピー可)持参で無料。

上記の方は、2階プラネタリウム前券売機の横にある申請書をお書きの上、入口でお渡しください。

観覧料減免申請書(個人用)